カードローンにおける信用情報とは

カードローンの審査では、利用者に返済能力があるかどうかを見極める必要があります。無担保で保証人も取らずに、利用者の信用力に対してお金を貸すわけなので信用情報が非常に重要になってきます。

信用情報とは利用者がお金に対してどのような実績があるのかという情報です。カードローンなどを取り扱う金融機関は、利用者の過去の信用実績を情報機関(日本信用情報機構、CIC、全国銀行個人信用情報センター)に対して参照します。

信用情報はどういった時に記録されるのかというと、信用を担保に取引をした時です。例えば、クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠を使ったとき、消費者金融などの金融機関でお金を借りたときなどです。

その中の一部の重要な情報は共有されます。信用情報機関は利用者の過去の重要な信用実績を共有することができます。例えば、借金の返済を3ヶ月以上滞納しているとか、債務整理をしているなどの事故情報です。

これらの重要な情報は、1?5年間記録が残ってしまいお金に関する取引が制限されてしまうことになります。

例えば、クレジットカードが作れなかったり、住宅ローンなどの各種ローンが組めなくなったりします。すでにカードローンやクレジットカードを持っている場合は、利用限度額が下がったり、利用停止になることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です