住宅購入と贈与のはなし~ローンにするか頭金にするかで大違い

家を建てる。または増改築をする。その費用は数百万~数千万円になり、必要な資金として頭金や住宅ローンなどがあります。ご自分の収入だけで全て賄う方にとって羨ましい話が、ご両親などからの援助です。「家を建てる足しにしなさい。」なんて数百万円の援助をしてもらえたら涙が出るほど嬉しいことですよね。
しかし、ご両親を含めた他人からの資金援助は、「税金の対象」になります。借りるのではなく貰うというのであれば、「贈与税」がかかり、未来にかかる「相続税」との関係も考えなければいけないのです。
「贈与税」については、住宅の購入資金や増改築資金として「直系尊属からの贈与」については優遇措置があります。「直系尊属」というのは、本人の父母、父方の祖父母が一般的です。言い換えれば、配偶者の父母や祖父母は「直系ではない(傍系といいます)」ため、優遇措置に対象外になってしまうので注意しましょう。
また、「住宅の購入資金」としての使い方にも優遇されるものとされないものがあります。それが最初に書いた「頭金」と「住宅ローン」で、頭金など「購入資金」であれば贈与税の優遇措置に当てはまりますが、「住宅ローンの返済に充てる」というのは「購入資金」ではないと判断されて優遇措置の対象外になってしまうので気をつけなければいけません。
購入する時期や条件によって、「贈与税の優遇措置」は金額や性質が変わってきます。また、未来に相続するはずだったものを先に「贈与」されることで、「贈与税」と「相続税」との間で調整をかけることもできます。それについても条件などが異なりますので、住宅購入の際には見落とさないように注意しましょう。
なお、住宅購入と「贈与税」の優遇措置については、管轄省庁である「国税庁」のホームページに詳しく記載がされていますので、ご自分の条件ではどうなるのかをじっくり確認し、わからないときには最寄りの税務署に相談・確認されることをお勧めします。信頼できる?ネットの消費者金融情報には巧妙な落とし穴もある!
インターネットの世界には消費者金融の情報も数多く掲載されていて、業者選びには非常に役立つものも多く存在しています。しかし、その全てが有益な情報とは言えず、中にはいかにも正規業者であるように見せかけた巧妙な”公式サイト”を作り、利用者を罠にかけているものもあるのです。
では、そのような罠に引っかからないためにはどうしたらよいのでしょう。いかにもそれらしく振舞われてしまったら、手の打ちようはないのでしょうか。
正規の貸金業者は必ず届け出をして、登録番号を発行されています。その登録番号は金融庁のホームページで検索することができ、ヒットしない場合は違法業者であると判断することができます。また、同業者で組織する貸金業協会などの団体にも加盟しており、その団体のホームページから加盟状況をチェックすることもできます。
消費者金融業者は公式サイトに必ずこれらの情報を明記していますので、これが記載されていない業者を利用するのは避けましょう。また、もっともらしく登録番号を偽っていても、先に書いた方法で嘘を見抜けますから、たとえ手間ではあってもチェックするだけの価値はあると考えますがいかがでしょうか。
インターネットがどんどん進化していく分だけ、その中に犯罪の芽が出てくることは残念ながら否定できません。ちょっとしたサイトを作るくらいであれば、ある程度の知識を持った人間であればたやすく作り上げることができるものですから、それに対抗しうる最低限の知識はもっておきたいところですね。

 

 

マジカルシェリー骨盤ショーツ 口コミ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です