カードローンにおける信用情報とは

カードローンの審査では、利用者に返済能力があるかどうかを見極める必要があります。無担保で保証人も取らずに、利用者の信用力に対してお金を貸すわけなので信用情報が非常に重要になってきます。

信用情報とは利用者がお金に対してどのような実績があるのかという情報です。カードローンなどを取り扱う金融機関は、利用者の過去の信用実績を情報機関(日本信用情報機構、CIC、全国銀行個人信用情報センター)に対して参照します。

信用情報はどういった時に記録されるのかというと、信用を担保に取引をした時です。例えば、クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠を使ったとき、消費者金融などの金融機関でお金を借りたときなどです。

その中の一部の重要な情報は共有されます。信用情報機関は利用者の過去の重要な信用実績を共有することができます。例えば、借金の返済を3ヶ月以上滞納しているとか、債務整理をしているなどの事故情報です。

これらの重要な情報は、1?5年間記録が残ってしまいお金に関する取引が制限されてしまうことになります。

例えば、クレジットカードが作れなかったり、住宅ローンなどの各種ローンが組めなくなったりします。すでにカードローンやクレジットカードを持っている場合は、利用限度額が下がったり、利用停止になることもあります。

カードローンの審査方法のスコアリングとは?

カードローンを契約する際、個人信用情報機関の与信情報だけで審査を行うのではなく、スコアリングという方法により審査を行っています。一般的には年収や勤務年数、在籍確認が重視されると認識されていますが、これらの情報もスコアリングによる判定に利用されています。スコアリングについては、全10項目から構成されており、それぞれの項目でポイントの加算により、総合判定を行っています。

項目については、職業・年収・勤続年数・家族構成・居住形態・居住年数・健康保険の種類・銀行口座の種類・クレジットカードの有無・他社借り入れ状況といったものになっています。一見すると、当たり前の確認内容と感じますが、各項目のポイントは統計的データにより点数設定されており、年収が安定し勤続年数も長いといった場合は勤務先の安定性も確認することが出来ます。

また、家族構成や居住形態、居住年数については、家族がおり一戸建て住宅に住んでいるとポイントがアップします。この点については、夜逃げの心配などが無いと判断されるためです。そして、健康保険の種類については全く関係無い様に感じますが、加入する共済保険や組合保険、社会保険そして国民保険と判定が厳しくなります。保険の種類については、勤務先が間違いないか確認できるだけでなく、将来的に受給する年金といったことにも繋がります。

各々の項目に関する情報を基に、統計的な判定を行うことで審査方法の平準化および効率化が図られるだけでなく、担当者の裁量判断ということが無くなります。また、スコアリングについてはシステムでの自動判定が行われるため、審査担当は与信情報の確認を最終的に行うだけで済みます。

カードローンではどんな審査があるのか

カードローンに申し込みをするなら、最低限の条件として安定した収入が必要となります。パートやアルバイトでも、3~6ヶ月以上同じ職場で働いているなら条件を満たせることになります。

パートやアルバイトの身分で借入できる金額は少なく設定されていて、最初は10~20万円くらいの借入にしておけば審査は通過しやすくなります。

しかし、借入限度額が高く、金利も低く設定されている銀行のカードローンは、パートやアルバイトの身分では審査の通過は難しいでしょう。

パートやアルバイトの方であれば、消費者金融で借りる方が審査も通過する可能性は高くなります。正社員や公務員など安定した仕事に就いている方なら、消費者金融にくらべて金利も低く設定されている銀行のカードローンを第一に検討するのが良いでしょう。

審査内容は、具体的には3つあります。1:信用情報機関への照会 2:申し込み時に記載された個人情報内容の確認 3:在籍確認 

審査では金融会社各社が独自のスコアリングシステムを使って、審査対象者を点数化しています。スコアリングシステムでは、対象者の職業や年収などの項目をそれぞれ点数化しスコアを出します。○点以上なら通過、○点以下なら審査落ちというようにシステム化しています。